Skip to content

親権問題を弁護士に相談

弁護士子供がいる夫婦が離婚する時、子供の親権について話し合っておく必要があります。離婚すると夫婦は他人に戻りますが、子供はお互いの血を引いているので赤の他人になるわけではありません。親は子供に対する責任がありますので、親権をどちらが持つのか、成人するまでの養育費をどうするのかについての話し合いが必要です。

離婚しても子供の親であることに変わりありませんが、親権を持つのはどちらか1人と決まっています。1人が親権を持ちもう1人が養育権を持つ、親権と養育権共にどちらか1人が持つということもできます。ただし親権を持つにも条件があるので、望めば必ず親権が持てるとは限りません。基本的には同じ人が親権と養育権を持ちます。

基本的に親権が認められるのは、子供が精神的に安心して暮らせること、最低限の生活ができるかどうかの経済的な条件もあります。子供が2人以上の時は、全員1人が親権を持つのか、それぞれに親権を分けるのかなども決めておかないといけません。子供の年齢が15歳以上の場合は、子供がどちらと暮らしたいという希望がある場合、子供の希望が優先されることもあります。こういうことを決めるにも、弁護士が付いていると助けになってくれます。

母親に親権が行くことも多いですが、母親がろくに子育てもせず浮気をしていた事が原因の場合は、父親が親権を持つという可能性もあります。一番の決め手となるのは、子供が安心して暮らせるかどうかです。