Skip to content

親権について相談する

ベビー離婚するにあたり、お互いが納得して離婚できるように話し合いを重ねていきます。夫婦だけの世帯なら、財産分与や慰謝料のことだけで済みますが、子供がいると親権や養育費のことも話しておかないといけません。親権は子供が成人するまで子どもを守り大切に育てる権利のことです。親権を持った方が子供と一緒に暮らすというケースが多いので、夫婦ともに離婚してもいいが子供と離れたくないというような場合は、どちらが真剣を持つのかの話し合いが必要になってきます。

夫婦の話し合いで解決できない場合は、家庭裁判所に申し立てをして離婚調停に持ち込みます。家庭裁判所で今までの生活ぶりなどを確認し、どちらが真剣を持つのにふさわしいかを決めます。どちらも離婚はしたいが子供と離れて暮らすのは嫌という場合は、どちらが親権を持つのにふさわしいか見極める必要があります。

これにはいくつかの基準があって、基準を元に子供にとってメリットが多い方が有利となります。子供の年齢によっても親権にふさわしいと思われる条件は変わってきます。基準はありますが、いかに真剣を持つのにふさわしい弁護士がアピールするのも有効です。素人では対応できないことも、弁護士がついてくれればスムーズに進みます。